オフィスデザイン科

 

ホーム
オフィスデザイン
レイアウト変更
オフィスの移転
オフィスイメージを強調
オフィスデスク
オフィスチェアー
お問い合わせ

今のオフィスをデザインする為には、エコに気を付けたり、国際化にも目を向ける必要があるかと思います。会社設立の際にはエコを考えた会社を運営していきたいです。

会社で働いている人と言うのは、同じ人はいません。人それぞれの体格の違いはあります。
男性と女性でも違いますし、男性同士、女性同士でもヤッパリ違います。
もし、外国の方が働かれているのでしたら、さらに違いが出てくると思います。
そのような所にも目を向ける必要があるのです。

オフィスデスクを選ぶ方法

体格や、体型は人それぞれ違うのですが、全員に合わせてオフィスディスクを選ぶ事ができません。
これは、Aさんのディスク、これはBさんのディスクと言うような事はムリがあります。
ですので、幅は出来ないとしても、高さを調整する事ができるオフィスデスクを選ぶと良いかと思います。

また、カラーにも気を配りたいですよね。
少し昔なら、灰色のデスクが当たり前だったのですが、今では、色々なカラーがありますし、木目調と言うような柄付きのデスクもあります。
会社の雰囲気に合うデスクのカラーを選ぶといいでしょう。

おすすめするオフィスデスク

 
・ケーブルを隠せるタイプのデスク

パソコンのケーブルや、電話機の線などを隠す事ができるデスクです。
今の時代。1人一台のパソコンは当たり前になってきています。パソコンの台数が増えると、それだけ配線の数も増えてきます。それらがそのままデスクの上にあるとみっともないです。
スッキリと隠せると仕事もしやすくなりますよね。オフィス環境を快適にするなら高機能なパソコンを選びましょう。


・デスク事に間仕切りがあるタイプのデスク

デスクワーク中心の時に使用すると良いかと思います。
デスクとデスクの間に間仕切りがありますので、隣の人の作業や行動を気にすることなく、自分の作業の集中する事ができます。


・曲線で並べる事ができるデスク

通常デスクは横並びにして使用する事が多いのですが、曲線に並べて使用するデスクもあります。開放感がでるので、のびのびと作業をする事が出来ると思います。


・円を描くように並べられるデスク

デスクを円を描くように並べると、周りをみんなが見る事ができるので、従業員同士のコミュニケーションが高まります。


・1つの長いデスクにチェアーをいくつか置くタイプ

長いデスクを使用すれば、会議などで役に立ちます。
主に、会議の場でとして使用する事になると思います。また、1つの作業の数人で行う場合にも使用する事が出来ると思います。

pickup

Last update:2014/9/25

リンク集 お問い合わせ   デザイン相談

Copyrightcオフィス快適化計画.All Rights Reserved.
プライバシーポリシー