オフィスデザイン科

 

ホーム
オフィスデザイン
レイアウト変更
オフィスの移転
オフィスイメージを強調
オフィスデスク
オフィスチェアー
お問い合わせ

効率の良い作業をするには、疲れにくいチェアー選びが大切。

オフィスでの仕事では、チェアー選びが大切になります。
すぐに疲れてしまうチェアーではスムーズに作業を進める事ができません。

オフィスチェアーの選び方

今オフィスで使用しているチェアーでこのような症状はおきませんか?

オフィスと言う場所で作業をしている人は、男性や女性が当然います。
さらには、同じ性別でも体格や、体型は違ってきます。
ですので、チェアーを使う人に合わせて高さなどを変える事が出来るタイプのチェアーが必要です。

足がしびれる
座面が高すぎると、太ももを圧迫してしまって、血行が悪くなります。
そのせいで足がしびれてしまうのです。
回避する為には、座面を下げみましょう。
背もたれが使いにくい
座面の深さが合っていないようです。
きちんと調整をしてみましょう。
背中や腰が痛い
背もたれの形自体が背中の形と合っていないようです。
チェアー自体を変えて、背中に合う物を選びましょう。

【ポイント】
1. すぐに座面の高さを調整する事が出来るチェアーを選びましょう。
  使う本人がチェアーの調整を出来ないようなチェアーは使いにくいです。

2. 背もたれはもたれると反発をします。この反発は人が座ったまま調整できないと、キチント調整
  する事ができません。

3. ランバーサポート機能と言われる腰をサポートする機能があるチェアーを使用すると、腰痛
  予防にもなります。

疲れにくいチェアーの条件とは?

①お尻の骨に板張りが集中をしている
②お尻の筋肉があたる部分にクッションが集中している

オフィスチェアー撰びのつのポイント

POINT1
圧力が分散されるタイプのチェアー

・座った時に、圧力が座面全体に分散されるタイプがいいです。
・人間工学に基づいた設計をされているタイプのチェアーは使えます

POINT2
奥行きが簡単に調整できる

・座面の奥行きを調整する事ができるタイプがいいですよ
・ですが、簡単に調整する事ができるかどうかもポイントとなります
・簡単に調整ができないのは、時間を無駄にしてしまいます。

POINT3
座ったままで調整できる背もたれの反発力

・チェアーに座ったままの状態で反発力を調整できるタイプを選ぶ
・実際に座らないと反発力はわかりませんからね
・調整して、座って、調整して、座ってを繰り返していたら、時間の無駄です。

recommend

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/
個性が際だつ学ラン
http://www.pros-online.jp/gaku_ran.html

Last update:2014/9/25

リンク集 お問い合わせ   デザイン相談

Copyrightcオフィス快適化計画.All Rights Reserved.
プライバシーポリシー